法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

経営状況に合わせた法人保険

法人保険の見直しに当たり、会社の現在の経営状況を把握することは大切です。
現在会社が安定期を迎え安息のひと時を過ごしている経営者もいれば、不況期に陥り周章狼狽している経営者もいらっしゃると思います。
ここでは、経営状況に合わせた法人保険についてご紹介いたします。

創業期に適切な保険とは

会社経営で真っ先に迎えるのが創業期です。創業期の課題としては、戦略的マーケティングプランの構築や資金調達を含む資金繰り、そのほか管理・組織体制の構築など様々ですが、適切な保険を選ぶことも創業期の課題の一つです。
創業期に適切な保険としては、毎月の負担が少なく、保障内容を重視した保険を選択することが大切です。
いくら保障内容が良くても、法人保険料の負担が大きくなれば経営に支障を来してしまいます。
そのため、なるべく会社の負担にならない保険が適切といえます。

成長期に適切な保険

成長期における課題としては、市場・売上の拡大のほか、市場成長や自社の経営資源の限界を見越しての経営改革などが挙げられます。
この時期に適切な保険としては、やはり財務変化に耐えうる保険です。
成長期の財務状況は好ましいものかもしれませんが、いつまでもこの状況が続くとは限りません。
この時期から、将来に備えて保険による財務強化を行う必要がございます。
強い財務体質を予め形成しておけば、衰退期や不況期に陥ったときにも臆することなく立ち向かうことができます。

安定期に適切な保険とは

安定期は営業利益の黒字が続いている状況といえますが、この段階で競合他社に対抗するための既存商品・サービスの見直しのほか、新たな経営戦略を練る必要があります。安定期には、不測の事態に備えた貯蓄型の保険へ加入するのが適切です。
また、今後訪れるであろう事業承継の資金確保や退職金の準備も考える必要があります。

このように、会社の経営状況によって適切な保険が異なる場合がございます。
保険の見直しの際には、必ず自社の経営状況を見つめ直してください。

クルセイダーズでは法人保険に関するご相談を承っております。無料でプロの専門家に相談することが可能なので、料金の心配をする必要はございません。
法人保険のほか、仕訳や決算など税務に関するご相談も承っております。

ページ上部へ戻る