法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

節税対策のコツを掴もう

会社を経営するとなると、法人税をはじめ、法人住民税、事業税、所得税や固定資産税など様々な税金を納める必要があります。節税対策に取り掛かっている方の中には、役員の報酬や退職金に注目される方もいらっしゃるかと思いますが、節税対策のコツを掴めば、この他にも税金を安くすることができるのです。こちらでは節税対策のコツをご紹介いたします。

家賃を前払いする

会社を経営されている方の中には、会社となるオフィスを購入せずテナントなどを利用されている方もいらっしゃるでしょう。このようにテナントなどを賃借されている場合は、家賃を前払いすることによって税金を減らすことができるのです。家賃を前払いする方法は節税対策の中でも簡単な方法になりますが、この方法を取り入れる場合は、数年継続させることが条件になりますので、今後も事前に前払いができるかどうかというポイントに注目しておく必要があります。

消耗品となる備品にかかる費用をコントロールする

どの会社でも必ず必要になるのは、消耗品にかかる費用でしょう。消耗品となる備品は利益が出ている時期にまとめて購入をしてストックを作っておくだけでも税金を安く済ませることができます。消耗品にかかる費用をコントロールするためには、月々どれぐらいの費用を使用しているかという点に注目することをおすすめします。

償却できるものを探す

会社の中で償却できるものを探すことも節税対策のコツと言えます。償却できるものの中で分かりやすい例として、パソコンが挙げられます。ビジネスにパソコンが欠かすことができなくなった現代では、新しいパソコンが登場すると買い替えをご検討される方もいらっしゃるでしょう。このような場合は定率法を使用して償却することで節税に繋げることが可能となります。

このようなコツを掴んで支払う税金を安くしてみましょう。節税対策に関するお悩みや法人保険に関するお悩みを抱えられている方は、クルセイダーズにご相談ください。専門の知識を持ったプロが無料で相談をお受付けいたしますので、ご安心してご利用いただけます。

ページ上部へ戻る