法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

法人保険の種類について

一口に法人保険といっても様々な種類の保険があります。
ここでは法人保険の種類についてご紹介いたしますので、保険の加入を検討している法人様がいらっしゃいましたら、ぜひご参考にしてみてください。

逓増定期保険

まずは逓増定期保険です。逓増とは「数量が次第に増えていく」という意味の言葉で、逓増定期保険は契約当初から保険期間満了に至るまで保険料が増加するものです。
通常の定期保険だと、毎月の保険料は一定になりますが、逓増定期保険は月日が経つにつれて保険料が高くなります。
満期保険金がない掛け捨ての保険なのですが、解約返戻率が早い段階で高率になるのが特徴的です。
この特徴を活かすことにより、法人の財務強化対策や役員の退職金準備として活用することができます。

養老保険

養老保険は「貯蓄ができる保険」として多くの法人様の役に立っています。
養老保険は満期保険金と死亡保険金が同額という変わった特徴を持った保険となっており、保険料が少々割高なのが特徴的です。
しかし、満期時には保険金が返ってくるほか解約返戻金もあるので「貯蓄性」という面では他の保険を圧倒しています。

定期保険

定期保険は保障期間に期限が設けられており、期限が到来することで保障が終了する保険です。
そのため、たとえ期限の翌日に被保険者が亡くなったとしても保険金が下りることはありません。
保険料が非常に安いのが定期保険のメリットですが、同時に解約返戻金がないというデメリットも持っています。
一般的には「死亡保障」を目的として活用されています。

法人保険に関する相談を承っております

クルセイダーズでは、法人保険に関するご相談を承っております。
メール・電話にて無料相談のサービスも行っておりますので、料金を気にせず安心してご相談いただけます。
法人保険の相談は御社の決算期の2~3カ月前が望ましいですが、いつでもお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る