法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

法人保険で損をしないためには

法人保険は会社を守るために加入するものです。賢く利用すれば大きなメリットを得ることができますが、加入する法人保険の選択を間違えると損をするだけになってしまいます。そこで、法人保険で損をしないためのポイントをご紹介します。

保険の内容をきちんと理解する

法人保険には様々な種類の保険があり、同じ種類の保険でも保険会社によって内容が異なります。全ての保険プランを理解するのはとても大変ですが、保険を選択する際はいくつか候補を絞り、それぞれの内容をきちんと理解した上で最適な保険を選択しましょう。詳細を理解しないまま保険を選んでしまうと高額な保険料が会社の財政を圧迫したり、いざというときにまともな保障が受けられなかったりする可能性があります。

解約時の税金を考える

保険を解約すると受け取れる解約返戻金は課税対象となります。そのため、解約返戻金に伴う税金対策まで考えて契約することが大切です。また、退職金の財源として法人保険を契約していた場合、退職金が必要な時期と解約返戻率がピークになる時期がずれると多額の税金がかかって保険が無意味なものになってしまいます。解約返戻率のピーク時期と退職の時期を考え、余分な税金を払わなくて済むようにしましょう。

欲張らない

リーマンショックや国際情勢の悪化など、いつ経済が悪化するか分からない時代になっています。いざというときのことを考えると、複数の保険に加入しておいた方が安全のような気がします。
しかし、保険は欲張りすぎると損をするだけになってしまいます。色々なリスクを想定しつつ、本当に必要な保険を選ぶことが最終的には会社のためになります。

法人保険について分からない点や不安に思っていることがあれば、無料相談を行っているクルセイダーズへご相談ください。無料相談は電話とメールで受け付けておりますので、どなたでもお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る