法人保険をプロのコンサルティングで

民法改正で生活はどう変わる? 今読んでおくべき5つの記事

2014.08.27

7件

民法改正で生活はどう変わる?

民法改正 生活はどう変わる?

法相の諮問機関「法制審議会・民法(債権関係)部会」は26日、「国民に分かりやすい民法」を目指す民法改正の骨格を固めた。アパートの「敷金」返還や借金の時効など、国民にとって身近でありながら分かりにくかった契約ルールをシンプルで明快なものにしようとしている。120年ぶりの民法改正で、国民生活はどのように変わるのか。(産経新聞)

民法が120年ぶりに改正される見通しです。
我々の生活のルールが、
120年前に決まったものに基づいていたなんて驚きです。
やはり、現行の民法のままですと、
今の実態に合っていないことや、解釈が曖昧なため、
家賃の敷金返金トラブルなど慣習化していることが多々あります。
民法の改正で影響がありそうなことの記事をまとめてみましたので
もしよろしかったら読んでみて下さい。
○敷金のルールを明文化

フジテレビ系(FNN)(8月26日)

○未払金の時効

民法改正、契約ルール明確化 未払い金時効5年 法制審部会承

産経新聞

 

○個人保証(連帯保証人)
産経新聞

 

○法定利率の引き下げでもらえる「保険金」が増える!?
弁護士ドットコム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る