法人保険をプロのコンサルティングで

豪、年金支給開始70歳に引き上げへ 日本人が今読むべき5つの記事

豪 年金

オーストラリア政府が今月の2日、高齢化問題に対処するため、

年金支給開始年齢を2035年までに70歳に引き上げる方針を示しました。

 

これは、世界の先進国の中では年金支給開始が最高齢となります。

ご存知の通り、日本も高齢化社会が深刻な問題です。

ひとごととは思えない、お隣の国の事情。

 

今、現状どうなっているのか?

これから日本もどうなっていくのか?

今読むべきおすすめ記事を5つまとめてみました。

 

① 豪、年金支給開始年齢を引き上げへ 2035年までに70歳に

【AFP=時事】オーストラリア政府は2日、高齢化問題に対処するため、年金支給開始年齢を2035年までに70歳に引き上げる方針を示した。世界の先進国の中では最高齢となる。(AFP=時事)

 

背景にあるのは高齢化社会。日本と状況がよく似ています。

 高齢化社会、日本とオーストラリアの比較【決定版】

 – オーストラリアは、2010年12%だった高齢化率が、40年後の2050年には18%になるとされています。介護求人バンク

 

 ③ 世界第2位の長寿国がオーストラリアってホント?

– 1901-1910年は、それぞれ55.2歳、58.8歳だったので、約100年の間に平均寿命はなんと四半世紀近く伸びたことになります。地球の歩き方(2008年6月27日)

 

日本の年金支給開始は65歳から。これは他の先進諸国と比べて早いのでしょうか?遅いのでしょうか?

 ④ 日本の年金支給開始年齢は早い? 遅い?

– OECD諸国の年金支給期間など。日経ビジネスオンライン(2012年10月4日)

 

最後に、今の日本の年金制度について知っておきましょう。

⑤  厚生年金の支給開始年齢

– 厚生年金に加入していた人が老齢基礎年金を受けられるようになったときに、65歳から支給されます。日本年金機構(2013年2月21日)

 

自分の年金は大丈夫だろうか?

一体、いくら年金をもらえるんだろう?

年金の事をしっかりおさえておく事は、これからの生活を考える上でとても重要です。

クルセイダーズでは大学で年金論の講師を務めている社会保険労務士が在籍して、

皆様の年金相談を承っております。

初回相談無料ですので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

コメントは利用できません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る