法人保険をプロのコンサルティングで

2018年からiPS移植が先進医療に追加!?

医療保険の先進医療特約

2018年からiPS移植が先進医療に追加!?

パーキンソン病患者に、
iPS細胞から神経伝達物質ドーパミンを分泌する神経の元となる細胞を作り、
脳に移植をすることで、症状の改善させる研究が進んでいるそうです。
このiPS移植は、保険診療と併用する先進医療に区分されるとのことですが、
2018年度に始めることを京大iPS細胞研究所の高橋淳教授が計画しているそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000001-kyt-l26

京都新聞

○パーキンソン病とは?
パーキンソン病は、神経伝達物質ドーパミンを分泌する脳内の神経細胞が減ることで、
手足の震えや体のこわばりなどの症状が出る進行性難病。

多くは50歳以降に発症する。国内には14万人の患者がいるとされる。

高齢化が進む、日本社会。
それとともに、昔と今ではリスクヘッジを考えなければいけない

病気もまた変わります。

 
今後益々、我々が先進医療を使う機会が増えていくのは
間違いないでしょう。
一般の方でも医療保険の特約に先進医療特約を付帯していれば、
先進医療のiPS移植で様々な病気の治療が受けられる時代に
なっていく、そんな時代がすぐそこまで来ています。
もし、今ご加入中の医療保険に先進医療特約が
付帯されていない方がおりましたら、
お気軽にクルセイダーズまでご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る