法人保険をプロのコンサルティングで

法人保険の税制改正リスクを考える

法人保険の見直し

法人保険の税制改正リスクを考える

 

法人保険と税制は切っても切れない関係であると言えます。

法人保険の税制改正は、どの保険商品にも等しく言えるリスクです。まず、加入しようとしている保険商品が明確な税制根拠のもと損金算入が認められている商品なのかどうかを確認することが必要です。

記憶に新しい法人がん保険の税制改正ですが、2012年4月27日の税制改正で、4月26日以前の契約については今後も全額損金計上、4月27日以降の契約については、1/2損金計上へ変更になりました。

過去に遡っての税制改正の適用は、ありませんでしたので、逓増定期保険と税制改正の時と同様に改正前にリスクをとって契約された方が先行メリットを得られる形となりました。

 

法人のお客様から今後も税制改正は行われますか?という質問をよく受けますが、おそらく今後も税制改正は都度行われると思います。

法人がん保険や逓増定期保険、長期平準定期保険といったおなじみの法人保険商品には明確な税制や過去の判例、事例があります。一方で、保険商品やプラン内容によっては税制が明確に出ていない、いわゆるグレーゾーンと言われてしまうような比較的新しいタイプの保険商品もありますので、ご加入を検討されている場合には注意が必要です。

保険の税制を正しく理解することによって、その保険に潜む税制改正のリスクに対応することが可能です。

法人保険のプランによっては将来的な税制改正に対応できるプランやメリットがしっかりと残る方法もあります。

既に法人保険に加入している法人様は、現在加入中の保険が、将来の税制改正にも対応できるのか、担当者に聞いてみたらいかがでしょう。

税理士や保険の営業担当者であっても税制を正しく理解していない方は非常に多くいらっしゃいます。

税制改正リスクが伴う法人保険のご加入や見直しについては、法人保険を専門に販売する代理店からアドバイスを受けたうえでご検討することをおすすめいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る