法人保険をプロのコンサルティングで

法人でおすすめの保険は難しい!? お客様通信vol.4

法人保険のメリット・デメリット

お客様通信vol.4

 

法人でおすすめの保険を教えて下さい。

 

いつもお世話になっております。

法人保険のクルセイダーズです。

本日は、よくあるお客様からのご質問にお答えさせて頂きます。

法人保険のメリット・デメリットの説明

 

会社で保険に加入することを検討しています。おすすめの法人保険を教えて下さい。

 

結論から言うとこの質問に答えることはとても難しいです。
なぜならどの会社にもおすすめできる完璧な法人保険はないからです。
それぞれの会社によって、その会社の状況や経営者の考えが違うように、おすすめの保険も変わるからです。

一般的なお話しをさせて頂くと、法人保険は節税と保障のどちらを重要視するかによっておすすめの保険が異なります。

法人保険は加入する目的を明確にすることが重要ですので、まずは「節税目的」なのか「保障目的」なのかを整理することが大切です。
次に、「節税目的」で法人保険に加入するのであれば、大きな損金が作れて、かつ解約返戻率が高いもの、「保障目的」で法人保険に加入するのであれば、とにかく保険料が割安で、保障内容が良いものを選ぶ事をおすすめします。

 

ここでポイントなのが、本来、「節税目的」の保険と「保障目的」の保険はすみ分けをするべきだということです。

もちろん節税と保障、両方を追い求めることはできますが、その場合は少し複雑になります。

「節税」と「保障」そのバランスをどうするのか、保険商品は何を選んで、どのような保障をかけて、解約返戻率はいつ、どの程度をピークの基準にするのか、そのさじ加減次第で法人保険は御社にとって「使える」保険にもなりますし、「使えない」保険にもなります。

これが、当初に、どの会社にも絶対におすすめできる完璧な法人保険はないとお答えさせて頂いた所以です。

 

節税か保障か。これは法人保険を考える際にとても基本的で難しい問いです。

繰り返しになりますが、基本的な考え方としては、「節税目的」の保険と「保障目的」の保険は全く別物として考えてそれぞれの目的にあった保険の加入を検討することです。

その上で、御社の状況を深く理解してくれる、バランス感覚に優れた法人保険のプロ代理店に相談することをおすすめします。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

法人保険のクルセイダーズでは、皆様からのご質問をお待ちしております。

メールでもお電話でも結構ですので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る