法人保険をプロのコンサルティングで

保険の見直しをした方が良いですか? お客様通信vol.3

法人保険の見直し

お客様通信vol.3

法人保険の見直しをした方が良い場合を教えて下さい。

まず大前提として、現在加入中の保険を見直す必要があるのかを確認してみましょう。
以下の項目をチェックをしてみて下さい。

 

checkmark1これまでの付き合いがあって保険を辞めたい、切替えたいと言い出せない。

checkmark1ここ3年以上保険の補償内容の見直しをしていない

checkmark1担当者の勧められるがままに保険に加入して、内容はいまいちわかっていない。

checkmark1法人名義と個人名義の保険が混在していて整理がされていない

checkmark1今期の決算はマイナスだったが、保険料が損金で処理されている

checkmark1事業活動のリスクに対応しているのか、必要補償額はいくらなのか説明できない

checkmark1経営者に必要な保障の額についてあまり深く考えたことがない

checkmark1非常勤の役員に高額の保険を掛けたままになっている

checkmark1郵便局や銀行から従業員一括の満期金のある保険に加入している

checkmark1以前に節税目的で入った保険の保険料を払い続けている

checkmark1借入金の返済は計画的にできている

checkmark1保険料を削減したいがしがらみなく相談できる相手がいない

checkmark1会社全体で保険のポートフォリオの状況を把握し、担当者で共有できている

checkmark1的確なアドバイスをしてくれる保険コンサルタントがほしい

 

以上、上記のチェック項目がひとつでも当てはまるのであれば、保険の見直しによる効果が大いに期待できます。

 

私たちのような法人保険専門のコンサルタントが、会社が加入している保険をすべてみせてもらうと、ほぼ100%の確率で最適な保険加入の仕方をしていません。

このような保険の加入状況を生み出しているのは、加入する側のお客様の責任ではなく、この業界全体の問題だと言えるかもしれません。

顧問の税理士は税務の事はプロでも、リスクマネジメントや保険の活用方法には詳しくはありません。生命保険会社のライフプランナーは、生命保険には詳しくても事業活動を補償するための損害保険には詳しくありません。直販社員は自社の商品しか取り扱いができないので、本当に最良の提案をしてくれているかどうか疑わしいと思えてしまいます。来店型の保険エージェントは、家族向けなどの個人保険が中心で、法人保険に強みを持ったショップは数少ないです。

 

単体で、その時は良いなと思って加入していたら、結果的に保険のポートフォリオのバランスが崩れていた、会社全体でどのような保障が掛かっているのか、全く把握できなくなっていた、なんていうケースも稀ではありません。

 

加入すべき保険は何か、備えるべきリスクとは何かを、的確にアドバイスしてくれる保険コンサルタントが欲しいと、どの経営者も思っているのではないでしょうか?

当社は、法人の税務やリスクマネジメント、保険商品に詳しく、常にお客様の側に寄り添って、様々な保険ソリューションで最適な提案ができるプロの法人保険コンサルタント会社でありたいと思います。

その際に当社では保険のポートフォリオを無視した、新しい保険を追加でおすすめするようなことは致しません。

必要のない補償に入られているのであれば、保険のダイエットをご提案させて頂きますし、大抵の場合、保険の最適化を図ると保険料は削減されます。

まずは健康診断をするように、会社の保険のポートフォリオを見直してみてはいかがでしょう?

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

法人保険のクルセイダーズでは、皆様からのご質問をお待ちしております。

メールでもお電話でも結構ですので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

クルセイダーズへのお問い合わせは▶︎▶︎info@crusaders.co.jp

クルセイダーズ公式ツイッター▶︎▶︎@39crusaders

 

この記事をお読みの方におすすめのコンテンツ

・保険の見直しは大切

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る