法人保険をプロのコンサルティングで

なぜ中小企業の経営者はこぞって加入するのか!?法人保険のメリット

法人保険のすすめ

なぜ中小企業の経営者はこぞって加入するのか!?法人保険のメリット

 

大きく法人保険を分けると、法人の事業活動のリスクに対する損害保険と経営者に万が一の事が合った場合、勇退時の退職金の積み立てを行う生命保険とに分けられます。

 

法人保険の種類

・法人保険の損害保険の種類

・法人保険の生命保険の種類

 

今回は、主に生命保険の方の法人保険のメリットについてお話をさせて頂ければと思います。

 

■事業補償としてリスクに備える

法人保険のメリットは保障があることです。当たり前のことですが、法人保険の加入目的を考える際にとても大切です。経営者の方は「自分に何かあったときに会社は大丈夫だろうか」と心配になることもあるでしょう。保険に入ることによって、そういった万が一の時のリスクに備えることができます。例えば、経営者に万が一があると社内が混乱し、銀行や取引先などからの信用が落ち、融資が止められてしまうなど、経営が危機に立たされることもあります。また、役員や社員への給与や賞与が十分に支払われない可能性もあります。

【銀行からの融資の全額返済金 + 新体制を組むまでの期間に必要な運転資金】

そんな時に、上記のような事業継続をしていく上での必要な資金を保険金で受け取ることができるとすれば、十分に経営の立て直しをはかることができます。

■企業防衛のための資金繰り対策

法人の事業活動には、思いもよらない事が起こりえます。時代と共に複雑化・大型化するリスクに対してどのようにしてリスクマネージメントをしていくことが求められています。また、時代の変化に関わらず、最も重要な経営者の仕事として会社の資金繰りが挙げられます。

会社の資金繰りを考える際に、資産性が高く(解約返戻率が高い)、保険料の全部または一部を損金化できる生命保険は、いつでもすぐに現金化できる優良資産として、とても有効な積立て方法といえます。緊急時には解約による現金化、または生命保険会社から保険(解約返戻金の所定の範囲内)を担保に借入れ(契約者貸付)が可能です。契約者貸付は銀行の融資のように審査がありませんので、一時的、急激な業績の悪化に対する資金繰り対策として有効です。

■役員退職金のベストパートナー

法人保険の利用方法として、解約返戻金を、役員または従業員の退職金の積み立てに利用することも有効です。将来の退職金を準備しようと思っても銀行預金などいつでも引き出せるものだと貯められないという経営者の人も多いと思います。また、役員退職金の積立てとして銀行などの預金で内部留保する場合は、損金処理できません。つまり、内部留保で積立てられた退職金の準備金は課税されていき、支給時には高額の損金が発生することになります。退職者が多い年などは、会社の単年度の業績を圧迫することになります。その点、法人保険の生命保険は税制上、保険種類によっては保険料を損金処理できるメリットがありますので、生命保険を活用することで保険料の全部または一部を損金で毎年処理していくと同時に、保険の解約返戻金という形で退職金の積立てができます。つまり、法人保険のメリットは、節税をしながら、保障を受けつつ、退職金を貯めることができるのです。

また福利厚生や人事戦略の観点から、社員にとって会社の退職金制度がしっかりとしているのかは重要なことです。法人保険を利用して、退職金規定を整えて優秀な人材確保に繋げることもできます。

■財務強化(節税しながら安定経営)

3年後の日本経済や世界経済がどうなっているのか、正確に予測できる人は誰もいません。また、自社においても直近は利益が出ていても、3年後・5年後までどうなるかわからない、という先行きの不安を抱えている企業が多くなっています。

どんな会社にも良い時もあれば悪い時もあります。悪い時の代表である、経営者に万が一が合った場合や事業活動に損害がでた場合の経済的な損失に備えて、事業補償を準備し、良い時には余剰利益を節税対策をしながら財務強化をして将来に備えることが安定経営のために重要になってきます。

法人保険の中には、税法上優遇処置が取られている生命保険があります。生命保険を解約した場合の解約返戻金と、会社の決算書に計上すべき保険料積立金を比べた場合、金額にギャップ(含み資産)が出てくる生命保険です。このギャップを利用し、節税対策を行いながら会社の内部留保(積立金)を増やします。決算時に予定以上の利益を出すことができた場合などに、生命保険に加入し保険料を支払うことで、今期の課税対象額(経常利益)を減らすことで生まれる納税の繰り延べ効果で財務強化をすることが可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る