法人保険をプロのコンサルティングで

法人保険は複数の保険会社に分けて加入すると良いと聞きますが、なぜですか? お客様通信vol.1 

法人保険はクルセイダーズで

お客様通信vol.1

 

いつもお世話になっております。

法人保険のクルセイダーズです。

本日は、よくあるお客様からご質問にお答えさせて頂きます。

 

「法人保険は複数の保険会社に分けて加入すると良いと聞きますが、なぜですか?」

 

複数社に分けて入るメリットは次の3点が挙げられます。

 

1.各社の良い商品を組合せた“いいとこ取り”をしたプランの作成が可能です。
(保険料・返戻金の利率・返戻金のピークとなるタイミング 等々)

 

2.一社で保険金額が高額になると、引受の基準が厳しくなりますが、複数社で分けて加入すれば手続きのハードルが抑えられます。
(一般的に、各社、高額契約の場合は引受が慎重になります。その結果、提出書類が増えたり、医師の診査項目が増えたりします)

例えば、保険金額によっては、数社に分けると告知の組み合わせで医師の診断が不要になったり、健康診断のコピーで対応できたりします。

 

3.金融危機などに対するリスク分散ができます。

円建て、外貨建て、外資系保険会社、日系保険会社等、契約を分割することでリスクも分散されますので、バランスの良いポートフォリオを組む事が大切な資産を守るためには必要です。

 

また、法人契約の場合は保障額が高額となる場合が多いですから、保険会社を分けた方が担当者や被保険者の保険契約の手続きの負荷が軽減されたりします。

 

複数の保険会社に分けて加入するデメリットは、満期管理や解約返戻金のピーク管理などの契約の保全と管理が大変になる可能性があります。

また、保険会社の窓口も複数になり、社内での担当者変更の場合には引継ぎ業務が増える可能性が高いです。

以上のことから、もし複数社に分けて加入する際には、複数社取り扱いのある信頼の置けるプロ代理店からまとめて加入することをおすすめします。

法人保険のプロ代理店であれば、契約が複数社になっても、お客様と保険会社の間に入って窓口と業務の一本化が可能です。

クルセイダーズでは、ご契約の際に希望者に契約内容一覧表を作成してお渡ししています。

また「ベストアドバイスルール」に則り、複数社の中からお客様に最適な商品をお勧めすると共に、契約更新の際には満期の2ヶ月前を目安にすべてのお客様にお声がけをさせて頂いております。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

法人保険のクルセイダーズでは、皆様からのご質問をお待ちしております。

メールでもお電話でも結構ですので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

info@crusaders.co.jp

@39crusaders

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る