法人保険をプロのコンサルティングで

法人保険のキホン 生命保険編 vol.3

経営者の事業補償

法人保険のキホン(生命保険編)vol.3

○事業補償について考えてみる
今日は、経営者を対象とした生命保険契約の
契約について話をしたいと思います。
保険の契約形態としては、下記が一般的だと思います。
契約者:法人
被保険者:法人の経営者
保険金受取人:法人
そもそも経営者はなぜ生命保険に契約するのでしょうか?
それは、経営者個人の、
その法人企業の経営における影響力・貢献度・寄与度が
いうまでもなく絶大であるからです。
前提として、一般的に企業である法人と、
法人の経営者個人は別人格として扱われます。
言い方を変えると、法人として存在するということは、
経営者の生存とは別に事業が継続し続けるということです。
しかし、大企業は別として、
中小企業の法人は,経営者個人に依るところが大きいです。
「社長の能力・技術で事業が成り立っている」
「社長の信用で取引とつき合っている」
「社長の信用で金融機関からの借入れができる」など、
経営者の影響力・貢献度・寄与度は広範囲にわたっています。

ですので、中小企業においては,
経営者が死亡してしまうような事態に備えた対策が必要です。
事業補償としての対策は、長期的な視点でいうと、
根本的には後継者の育成と自社株の対策が
不可欠であるといえるでしょう。
そして、短中期的には、事業継続を支える資金対策として、
生命保険の利用が有効であると考えられます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る