法人保険をプロのコンサルティングで

法人保険のキホン 生命保険編 vol.1

法人保険のキホン

法人保険のキホン 生命保険編 vol.1

〜法人保険(生命保険)の加入目的とは?〜
法人契約の生命保険の加入目的の第一義はもちろん保障です。
具体的には「死亡保障」,「入院保障」,「貯蓄保障」などが
挙げられるでしょう。
なぜ企業が生命保険を法人契約する(法人保険)のかというと
「事業保障準備」,「福利厚生準備」,「退職慰労金準備」などが
加入目的になります。
これらの内容についてこれからこの「法人保険のキホン(生命保険編)」の連載の中で
少しずつお話させて頂ければと思いますが,
同時に法人保険の加入目的、利用目的として効果が大きいのが、
決算対策として有名な「課税の繰り延べ」です。
保障を目的とした生命保険を企業(法人)が利用すると,
なぜ「課税の繰り延べ」という効果が発生するのでしょうか?
(いわゆる節税効果があるといわれている法人保険です。)このことを理解することは,生命保険そのものの特性を理解することにつながることになると思います。

「法人保険のキホン(生命保険編)」では,
生命保険の基本的な商品特性を理解できるような情報提供していきます。
そして結果として、法人の経営者様、ご担当者様に
「課税の繰り延べ」について深くご理解して頂けるような内容にしていきたいと思ってます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

ページ上部へ戻る