法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

保険の見直しは大切

一般的に保険という商品は非常に難しいものだといわれています。また、法人の加入する保険となると保険の知識に加えて税務の知識まで必要となりさらに難しくなります。そのため、保険の中身をしっかり見てみると必要ではないものに加入していたり、財務強化を目的として保険に加入しているにもかかわらず、あまり効果が出ていないものなどがあったりします。
保険とは有事の際に企業の財務をしっかりと守ることを目的としているため、有事の際にしっかりと必要な補償がされることが何よりも重要となります。そうでなければ法人保険料を支払う意味がなくなってしまいます。

保険の見直しをする方法について

リスク対策を見直すことによって保険料を下げる方法と、保険契約や補償内容の見直しをする方法があります。保険はリスク対策のため、業務上発生するリスクに施策を講じて発生率を下げることができるなら、保険料の低下にもつなげることができます。また、リスク量に見合った保険設計になっているか、契約内容や保険料は適正であるか、といったことをしっかり確認しておく必要があります。

保険の見直しのタイミングについて

「会社の規模が大きくなってきた」「会社の規模を縮小する」といった法人ならではの節目が、保険見直しのタイミングといえます。しかし、現在加入している保険の契約期間が短期間であった場合、解約時に受け取れる返戻金が保険料の総支払額が大きく下回る可能性があるため、良い商品を見つけたからといってすぐに乗り換えることはおすすめできません。そういう場合は、クルセイダーズをはじめとする法人保険を扱うプロに保険内容を見直す必要があるかどうかをチェックしてもらうことをおすすめします。

クルセイダーズでは、各企業様に最適な保険を探すお手伝いをさせていただきます。相談も無料で受けることができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。また、保険以外のご相談も初回無料でお受けしております。

ページ上部へ戻る