法人保険をプロのコンサルティングで

Twitter

RSS

follow us in feedly

ツイート

会社経営においての節税について

経営者様の永遠の課題といえば「節税対策」です。
会社は常に利益を追求するために動かなければなりませんが、利益確保のためには節税は欠かせないものです。
ここでは、会社経営においての節税についてご紹介いたします。

節税に対する勘違い

節税は税法に抵触しない範囲内で合法的に税金を少なくすることです。
負担する税額を減らすことで手元にお金を残す、という単純なメカニズムなのですが、全ての節税が認められるわけではありません。
いくら合法な節税であっても、経済合理性が欠けていれば否認されることもあるのです。
合法的な行為なので脱税のように重罪には当たりませんが「租税正義」に反することとなります。
そのため、合法的な節税は全て認められる、というわけではありませんので、予めご注意ください。

節税と税制改正

税法によって租税の賦課や徴収に関する規定が設けられていますが、場合によっては税制が改正されることもあります。
そのため、節税を行う際には常に税法についても目を向けなければなりません。
例えば、一時期は全額損金計上ができた「逓増定期保険」は、現在では全額ではなく半額損金として計上できることとなっています。
これはあくまで一例にすぎません。節税の際は常に税制の動向に目を向ける必要がございます。

節税の必要性について

節税について深く考えたことがないという経営者様はいらっしゃらないと思います。
自分の会社を守るため、企業として社会に貢献するためなどそれぞれの考えがあると思いますが、その想いを形にするためにはやはり節税が必要不可欠です。
納税の義務は私たちが遵守するべきものですが、節税は納税者に認められた立派な権利です。
認められた権利なのですから、積極的に活用するのが有益ではないでしょうか。
このことから「節税は必要か」の問いに対しては、やはり「必要」と答えざるを得ません。

節税の方法は、役員報酬の調整や退職金を使った節税など様々です。決算直前で節税に向けて動き出すのはあまり望ましくありませんが、早めに節税に対する意識を向けることが大切です。

クルセイダーズでは節税法人保険についてのご相談を承っております。
節税や法人保険で不明な点やご相談したいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る